前へ
次へ

寝不足は美容の天敵などで注意しよう

肌を綺麗な状態に保つためには生活習慣も大きく影響します。
注意しなければいけないのが寝不足で、夜遅くまで起きていて寝るのが深夜3時などかなり遅くなると十分に睡眠を取る事が出来ないです。
また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌量にも影響が出る可能性があり、十分にホルモンの恩恵を受ける事が出来ないです。
成長ホルモンには、肌の修復の効果もあるので寝不足だと肌の修復が十分に出来ない状態になり肌荒れなどの症状が出やすいです。
またニキビなどの吹き出物が出来やすく見た目が悪くなります。
そこで、夜遊びをしないようにして、寝るのは遅くても深夜0時ぐらいにします。
深夜0時ぐらいだと朝7時起きでも十分に睡眠を取る事が出来ます。
寝るのが遅い日が続くと早く寝ようと思ってもなかなか寝られない可能性があります。
つまり、元の生活習慣に戻すのが大変なので出来る限り夜遅くに寝るのは止めて、規則正しい時間帯に寝るというのを心がけるようにします。

Page Top